JAPANESE CHAMBER OF COMMERCE OF SOUTHERN CALIFORNIA

会頭挨拶


南加日系商工会議所は、1905年の「LA中央日本人会」の設立以来、何度も名前を変えながら南加日系社会の人々とともに歩んで来た長い歴史を持っています。LA中央日本人会の設立以来115年、日系人への偏見と差別の回避、 ビジネスの相互扶助を目的として商工会議所と名前を変えてから、今年は70周年を迎えます。私共はその伝統と設立趣旨を守り諸活動を継承して、日系社会の発展に貢献する所存です。そして、さらにもう一歩新しい挑戦を試みたいと考えます。南加日商は、地場に根付いたいろいろな企業と個人会員を擁します。その役割は日系社会の中小のビジネスを推進することはもちろんのことですが、日本文化の継承、日本語教育のサポート、次世代日系人の育成など、多岐にわたっております。日本伝統の正月文化を紹介する元日の「お正月イン・リトル東京」を皮切りに、新役員就任式の昼餐会、各種ビジネスセミナー、叙勲祝賀昼餐会、 奨学資金捻出のための「ロサンゼルス日本総領事杯チャリティーゴルフトーナメント」、「年末助け合い募金運動」など、年間を通してさまざまな活動や行事を実施して参りました。次世代の担い手である若者の育成事業にも力を注いでおります。 日本側の 「あしなが育英会」学生の受け入れ、米国から「レインボー学生」のあしなが 育英会プログラムへの派遣を通して、日米両国の遺児を相互支援しています。さらに、南加日商財団が運営する「日米修好条約百周年奨学金制度」は、優秀な成績を修め大学へ進学する日系子弟へ奨学金を授与してきました。

会員の方々の要望に応えて、日本進出企業との連携を深め、南カリフォルニア在住の日本人や日系人の方々との結びつきも大切にし、諸団体と協力し合い、 ビジネスネットワークの輪を広げていきたいと思います。アジア系の各商工会議所とも関係を再構築して、交流の輪をひろげて行きたいと計画しています。

最後に、南加日系商工会議所を代表しまして、皆さまのご健勝とご多幸を祈念します。

 

南加日系商工会議所

会頭

川田薫




| TOP |
Copyright 1949 - 2021 JCCSC All Rights Reserved.